シニア男性

50代からの抜け毛対策は必見|光はまだある

髪が薄くなったら

男の人

植毛は人工植毛と自毛植毛があり、人工の場合は一度で自分のイメージ通りのヘアスタイルが実現しますが、定期的に手術を繰り返す必要があります。しかし、自毛の場合は、手術に費用はかかりますが、毛が抜けても再び生えてくるので発毛をしてみるといいでしょう。

詳しく読む

知って得する頭皮の知識

メンズ

抜け毛には一定のサイクルがあり、サイクルが乱れると発毛と抜け毛のバランスが乱れてしまいます。しかし、薄毛を加速させてしまうので、頭皮状態を健康に維持させるためにも自宅で行える育毛ケアを習慣として行うようにしましょう。

詳しく読む

髪のボリュームに注意

婦人

髪が減りやすい年代に注意

更年期を迎える50代になると、今まで気にならなかった髪の悩みが増えてきます。30代くらいから髪は減少しているのですが、スピードが遅いので気づかない方が多いのです。しかし50代からはホルモンバランスの影響もあり、今までとは頭皮や髪の状態が違うと気づく方が多いです。違和感を覚えたらトラブルの前兆なので、本格的な発毛ケアが必要になるでしょう。女性ホルモンと同様の作用のあるイソフラボンを摂取したり、髪の原料となる良質のタンパク質を補給したりする最作も効果的です。また無理なダイエットは栄養不足による抜け毛の原因となるので、栄養バランスには十分に注意してください。栄養に問題がある方は、育毛サプリメントで抜け毛を防ぐ対策が効果的です。

頭皮ケアを改めて見直す

抜け毛が増え始めてくる50代からは、改めて頭皮ケアを見直すことも大切でしょう。ほとんどの方は自己流の頭皮ケアを実践し、正しいと思い込んでいるのです。洗髪をするときはシャンプーをしながらマッサージをするのが効果的ですが、決して爪を立ててはいけません。育毛剤を使用する場合は、1〜3分のマッサージにより浸透力が大幅にアップします。頭皮ケア用品には相性があるため、同シリーズを使用するのが無難でしょう。特に医薬部外品の育毛剤を使用される方は、シャンプーやコンディショナーなども同シリーズを使用したいものです。自己流の頭皮ケアに自信がない50代の方は、ヘッドスパで教えてもらうのも効果的です。正しい頭皮ケアを身につければ、1日あたりの抜け毛を10本以上は減らせるでしょう。

医院選びと効果的な食品

男性

名古屋で発毛治療を受ける人には、東京や大阪へ通院する人も多くいます。また、地元で他の人に知られないようにとの配慮が理由ですので、気軽に脱毛をすることができるようになるでしょう。

詳しく読む